教育コンテンツビジネスの総合プロデューサーである高橋慶行(たかはしよしゆき)の公式サイト

  1. 102 view

副業で税金を取り戻すべし。

このブログは、
何気に経営者や個人事業主の方が
こっそり読んでいるという噂なのですが、

会社員の方であると、
所得税や住民税がお給料から毎月、
天引きされていると思います。

僕自身も、
会社員時代があったので分かりますが、
額面に対して手取りの少なさに驚きました。

「税金、高すぎるやろ・・・」

と、
やるせない気持ちになっていました。

ですが、
お金のことをちょっと勉強しだすと、
すぐに、税金は取り戻せるー
ということに気が付きました。

生命保険、医療費の控除
年末調整されるお金など、
細かい節税方法などはコンビニなどで確定申告の時期に
売っている雑誌などでも分かるのですが、もっと、
強烈な方法があるのです。

その方法とは、

・会社員の給料と
・個人事業の赤字を

を、合算できる、
損益通算というものです。

例えば、
年間600万円お給料をもらっている会社員が、
個人事業で100万円の赤字を出したとします。

するとなんと、
所得が500万円だった、
と、みなされるのです。

そうするとどうなるか、
というと、

年間600万円のお給料をもらっている時、
天引きされてしまっている部分がありますが、
本来は500万円だったわけですから、
「払いすぎ」だったということになります。

すると、
その年に払いすぎて天引きされたお金が、
確定申告の時に戻ってきて、
翌年の住民税まで安くなるのです。

大手企業でさえ副業解禁となった、
このご時世。

副業は「稼ぎを増やすためにある」、
と思われるため、「稼ぐ方法がない」「どうせ赤字になる」
と、思って何も動かない、そこのあなたー

そこのあなたに、
朗報なのです・・・この話は。

もう少し、
わかりやすく話しましょう。

個人事業というのは、
会社員をしながら、副業をするという話です。

個人事業の赤字というのは、
要するに、

・個人事業で売上をあげるにあたり、
・そのために要した支出が上回った

ということです。

例えば、
自宅の一室で副業をするのであれば、
その家賃の一部は、経費になります。

同じように、
個人事業で売上を上げるために、

・携帯代
・車代
・ガソリン代
・打ち合わせの飲食費
・接待費
・旅費交通費
・パソコン代
・書籍代
・セミナー代

なども、経費になります。

このように考えると、
1年の間でもかなりの金額を経費にできる、
ということになります。

また、
事業をはじめてから1~2年は、
売上よりも経費が掛かるということはよくあるものです。

まぁしかし、
簡単に「副業」と言ってもどんな事業ができるのか、
という迷いがある人が多いでしょうし、
まとまったお金がないから無理だと、頭から、
決めつけている人も多いと思います。

が、
今の時代は、まとまった知識などなくても、
個人事業を開始することはできます。

借金など抱える必要もなく、
会社員をしながら始められて、

・携帯代
・車代
・ガソリン代
・打ち合わせの飲食費
・接待費
・旅費交通費
・パソコン代
・書籍代
・セミナー代

このような経費が掛かる可能性が十分ある、
という副業の条件は、

・仕入れがない(クレジットカードであれば検討可)
・在庫を持たない
・利益率が高い
・店舗や事務所がいらないので固定費がいらない
・ノウハウが必要なのでセミナーに参加費が経費になる

というものです。

例えば、
人前で話すことが好きな人は、
自分の経験や得意なことを人に教える、
セミナー講師などでも良いでしょうし、

例えば、
インターネットが得意だという人は、
ホームページの作り方や(とっても簡単ですが)
広告の回し方を覚えてアフィリエイトをやるでも良いでしょうし、

例えば、
文字を書くの額ではないという人は、
アクセスが集まるブログを運営して広告で稼ぐとか、

例えば、
物を作るのが好きだという人は、
スマートフォンケースなど仕入れの割には利益がとれる
物販なども検討できると思います。

極端な話、
「人と会い、連絡を取ることに関わる副業」であるだけで、

・携帯代
・車代
・ガソリン代
・打ち合わせの飲食費
・接待費
・旅費交通費
・パソコン代
・書籍代
・セミナー代

これらの多くを満たせるかもしれません。
(もちろん、事業として認められるかどうかは、
とても大切なことではありますが。)

はじめのうちは、
事務所など不要で、カフェやホテルのラウンジなどを使えば、
十分ですし、会社員をやりながらであれば、仮に半年、1年、2年と経っても、
すぐさま生活費に困ることはないでしょうから、やりながら考えても良いと思います。

そんなこと言われても、
突然動けないよ!

と、思う方が9割なので、
ほとんどの方には共感されないだとか、
君だからできるんでしょ、とか言われるのですが、

人生一回ですし、
ちょっとくらいチャレンジしてみるのも、
刺激になって楽しいものです。

ただ、
注意があるのは、
やってもいない個人事業をやっている風にして、
赤字で申告をするのは、完全に脱税だということです。

あとは、
「事業」として認められないと「家事関連費」となり、
経費としては認められない場合もあります。

あくまでも、
真面目に、継続することを目標として行うことが大切ですが、
できるならば、大いにやったほうが良いですよね。

マネー・リテラシーの最近記事

  1. 税金の教養を高めるべし

  2. 副業で税金を取り戻すべし。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 6月 01日

いいね!をよろしくお願いします☆彡

高橋慶行のLINE@講座

投資の基礎を無料で学べるスゴイ動画

PAGE TOP